今見るべきはこれ!Huluおすすめ作品ラインナップ

Huluパーフェクトガイド

【明日の約束】5.5話 ネタバレ!香澄が椿ヶ丘時代の先生たちが判明!

投稿日:

井上真央主演、重たいテーマを扱うことで話題の「明日の約束」。ついに5話突入です。視聴率低迷もあって、打ち切りの危機じゃないかと囁かれていますが、SNS上では視聴者ののめり込んでしまったという熱い感想も多数見られています。社会的な問題にも挑戦している本作だけに、最後までしっかり描かれきるといいなあ、と個人的にも応援したい…!

さて今回も、本編で描かれない重要な伏線が描かれるチェインストーリーにも焦点をあてて、「明日の約束」に隠された謎を考察していきます!徐々に明かされていく圭吾の周囲ですが、ついに今回はバスケ部周りがほぼ解明しそうです。

明日の約束 5話までのあらすじ

長谷部・田所・沢井の証言を受けて、日向は毒親・真紀子の関与を疑います。圭吾の死亡時間との齟齬から、長谷部への最後のメッセージは圭吾の意志ではないことが判明。長谷部は動画撮影の犯人・渡辺も許し、恨みの連鎖を自ら断ち切ります。しかし、そんな最中、長谷部は何者かに襲われて…。

【バスケ部】長谷部の件についに決着。しかし長谷部も襲われてしまう

長谷部は日向に全てを話します。圭吾は長谷部のタバコの件に関して「録音してる」と脅してきたこと、長谷部を脅した件で部員から嫌われて不登校になったこと。そして、自殺した日の登校時間に「先輩のせいで死にます」とLINEをしてきたこと。長谷部はその後、停学になります。

日向は圭吾からの最後のLINEが圭吾の死亡時刻と合わないことを知り、長谷部は伝えます。真実を知った長谷部は、仲の良かった圭吾への思いが溢れ崩れ落ちてしまいます。(ここ、めちゃくちゃ感動しました!)

1年B組の渡辺が長谷部の動画を撮った(拡散はしていない)犯人だと突き止めたバスケ部の面々は、彼を問い詰めます。渡辺は、圭吾が死んだのは自分だけのせいじゃないと思いたい一心で行動していました。「間違ったことをしたら正すべきだけど、いじめていいわけじゃない」と日向は皆に伝え、長谷部本人も自ら恨みの連鎖を断ち切ることを宣言。長谷部の件は一見落着と見えましたが、その夜、長谷部は何者かに襲われてしまいます。

【1年B組】圭吾の中学時代が垣間見える。そして怪しい霧島先生

田所・沢井を呼び出した日向は、圭吾が中学時代いじめられていた件について聞きます。学校のウサギを殺した噂が流れていたり、毒親がクラス構成や成績にまで学校に意見するモンスターペアレントとして有名だったりしたことが判明します。沢井も、圭吾が長谷部を脅したことも真紀子の指示じゃないかと疑っていました。

「僕は日向先生の味方です」という霧島先生の目には暗雲が。長谷部の件が解決していく様子をみて眉間にシワを寄せていたり…急に怪しい人物として浮上しました。(辻先生や長谷部を襲ったのは霧島先生!?)

【幼馴染】香澄の自殺未遂の状況が判明

香澄は無視・嫌がらせ・カツアゲなどに悩み続け、2年の時に夜中の教室で手首を切る自殺未遂をしていました。優しく接してくる日向に少し心を開いたそぶりも見せ、「今度はこっちの番だから」とつぶやきながら立ち去ります。

【マスコミ】圭吾の死亡時刻について、日向へ重要な証言

小嶋は真紀子の弁護士事務所を眺め、どこかと電話し「これはまだまだ広がるぞ」と不気味な笑みを浮かべます。記者会見の日、日向と霧島先生の前に現れた小嶋の発言で、日向は圭吾が亡くなったのが夜中の2時〜5時だということがわかります。登校時に長谷部に届いたLINEと、時間が合わなかったのです!

【恋人】本庄は日向へプロポーズ

本庄は自分の親に日向と結婚したい話を打ち明けます。その傍らには、兄の遺影がありました。その後、本庄は日向にプロポーズをします。学校のことが落ち着いたらいいよ、と日向はOKを出します。

【毒親・真紀子】視聴者から見ると、明らかに嘘をつき続ける毒親

真紀子は弁護士やいじめ撲滅の会の後ろ盾で、記者会見をします。いじめの実態として、部屋での長谷部たちとの会話を流しました。日向は録音の件を問い詰めるも、真紀子はあくまで圭吾の意志でしたものだと主張します。疑いの目を向ける日向の元へ改めて1人で訪れた真紀子は、「一度2人きりで話がしたい」と言うのでした。

家では妹が援助交際に手を出してる疑惑が。吉岡家の闇が深まっていきます…。

【毒親・尚子】今回は特に動きなし

尚子は風邪をひき寝込んでいたので、日向は優しく介抱しました。尚子は日向が子供の頃から、病気の時だけは優しくしてくれていたのです。(今回は初めて「明日の約束」回想シーンがなかったです)

 

5話で解決したことは

■やっぱり「先輩のせいで死にます」は圭吾が送ったものではなかった!

圭吾の死亡時刻は午前2時〜5時であることが、ジャーナリスト小嶋の発言で判明しましたね。長谷部ん先輩へのメッセージは、当初から登校時間に送られていることが明らかにおかしいと思ってはいましたが、やはり圭吾から送ったものではなかったことが判明しました。

毒親・真紀子が送ったという線がかなり高いと思いますが、それをどう証明していくのかが見所ですね。

 

5話から考察できることは

■長谷部の動画を拡散したのは、霧島先生?

長谷部の動画を撮影したのは1年B組の渡辺だということが判明した5話。でも動画は誰かに盗まれて拡散されたものだと主張しました。一体誰が盗んだのか。「体育の時間しか手放していない」と言っていた渡辺ですが、そこで気になるのは、前回体育の時間に教室に1人でいた霧島先生。ポケットに何か隠すような仕草もしていましたし、この時間に霧島先生が盗んだ線がかなり濃厚ですよね…。

■1.5話の回想:中学時代いじめられていた圭吾

中学校のシーンについて、田所から証言がありましたね。具体的なシーン回想は来週に持ち越しのようですが、田所の話から1.5話の圭吾の回想シーンについて予測が立ってきました。まずは中学校での会話です。

「ねぇ、【兎?】がいなくなったんだって?」

「誰か【殺?】したんじゃねーの?」

「噂なんだけど…【吉岡?】がさぁ」

学校で飼われていた兎を圭吾が殺したという噂がたち、そのせいで圭吾がいじめられていたようでした。日向もカウンセラー的立場から「ウサギを殺す」という行為が何かのSOSじゃないかと考えていましたね。

さらに、神社の裏のシーン。

「…どうして□したの?そんなことしたって□□だけなのに」

「それは□□□る側の理屈だよ」

何かを埋めている様子でしたし、本当にウサギを圭吾が殺したのでしょうか?次回予告ではウサギ小屋を訪れる日向の姿が映りましたし、来週はこの穴埋めの答え合わせができそうですね。

明日の約束 5.5話「居酒屋にてー現場教師たちの苦悩ー」

5話と6話をつなぐチェインストーリーで描かれたのは、意外にも先生たちの飲み会でした。確かに本編にも何度も「飲みに行きましょうよ〜」といった表現ありましたね。こんな非常事態だからこそ飲んでなきゃやりきれない状況なのかもしれません。先生たちの苦悩をのぞいていきましょう。

キャスト

■北見雄二郎(白洲迅)

長谷部や増田も所属する2年A組の担任で日本史教師。辻先生の辞職に際し、臨時でバスケ部の顧問も務める。

■大宮奈緒(新川優愛)

臨時教師。日向のことを慕い、しょっちゅう相談室へ遊びに来ている。

■宮崎麻子(馬渕英里何)

3年の学年主任を務める。2年前、香澄が自殺未遂した時の担任。

■柏木康介(中林大樹)

2年B組の担任かつ2年の学年主任。

あらすじ

長谷部が理事会の取り調べにあった夜、4人の先生は気晴らしに飲み会に行きます。

宮崎先生は、日向が嫌い、ひいてはスクールカウンセラーという存在が嫌いと言います。それは、生徒と先生の間には信頼関係がないという象徴だから。さらに柏木先生は、保護者も先生を見下していると言います。

酔っ払った宮崎先生は饒舌になり、あつく教育論を語ります。亡くなった生徒の立場には立てない、死んだ生徒より生きてる生徒を守らざるを得ない、と。加害者側のいじめっ子だって、切り捨てられないし指導しなきゃいけないのが教師だと。

宮崎先生が席を外した折、柏木先生が宮崎先生の過去を語ります。宮崎先生のクラスでも2年前にいじめ問題がおき、女子生徒が手首を切った事件が起きました。(香澄の事件ですね!)いじめられてた生徒は学校を辞め、保護者も騒ぎ立てず、大きな事件にはなりませんでした。

そんな飲み会の最中、北見先生のもとに1本の電話が。長谷部が襲われたとの一報が入ります。

明日の約束 5.5話 ネタバレ&考察

今回判明したのは、香澄の高校時代の先生構成ですね。

3年前:香澄が高校1年生の時の担任は「霧島先生」です。この時から、香澄はカツアゲやいじめによって悩んでいたようだったので、霧島先生はそうしたクラスのトラブルから目をそらしていたのかもしれません。

2年前:香澄が高校2年生の時の担任は「宮崎先生」です。この年のある深夜、学校に忍び込んだ香澄は教室で手首を切って自殺未遂をします。

つまり、霧島先生からすると圭吾の自殺は自分が絡むいじめ騒動として2回目ということになるんですよね。そうであれば、香澄が圭吾の担任が「霧島先生」である件を見逃しているはずがありません。5話で「今度はこっちの番だから」と呟いて去っていった香澄ですが、その相手は霧島先生?

辻先生と長谷部を襲った人物=霧島先生の線も今の所濃厚ですよね。真紀子とつながっているのかもといった予想もできますが、個人的には香澄・圭吾のいじめ騒動に「巻き込まれた」霧島先生が、早く事態を収拾してしまいたい!の一心で個人で行動している?のではないかなと思います。事件が長引くことは、霧島先生の経歴にとってもよくないことですしね…。

明日の約束 5話(ツイッターの感想)

SNSのみんなの感想も少しだけ紹介します!

個人的にも、霧島先生が圭吾の死の真犯人というのはミスリードだと思います!ただ、襲撃事件はそれとは別の事件なので、霧島先生が犯人説は濃厚そう。1つの死を受けて様々な思いと事件が起こるのは一見自然ですが、ドラマとしてはそこそこ複雑な感じですね。そこに毒親・真紀子がどれだけ絡んでいるかはまだ未知数ですが…。

私もこの説を推してます!

今回はマスコミ側が日向へ糸口をくれましたね。真相へのキーマンとなってくれそうです。

私も今回、長谷部役の金子大地くんは演技上手だなと感激しましたよ〜!見つめるシーンも、号泣するシーンも最高によかった。

https://twitter.com/Akarin_Corgi16/status/930467330055798784

視聴率に負けずに最後までしっかり描き切ってほしいですね。重たい内容だし連続性があるから、途中から見るのは難しいし、視聴率の向上は見込めないですが…。

SNSでも、徐々にのめり込んでいる人が多いような印象でした。なんにしても霧島先生に急に暗雲が立ち込めたことについてはみんな驚きが隠せないようですね。私も豹変ぶりにはびっくりです…。

まとめ

5話と5.5話では、やっと長谷部の件に一定の決着がつきましたね。やはり長谷部は限りなくシロに近かった。彼を追い詰めていた「先輩のせいで死にます」も、圭吾のメッセージではなかったことが判明し、号泣する長谷部の様子に思わず涙した人も多かったのではないでしょうか。

あと、香澄の件については徐々に判明して来たこともありました。

次回はついに真紀子と日向が直接対決。真紀子の毒牙が日向へと噛み付きます。そしてなにより気になる霧島先生の不穏さ…。長谷部を襲った人物について日向には心当たりがあるとのことですが果たして。手口的には辻先生と同じだし、辻先生の時も第一報は霧島先生からでしたよね、怪しい…。

6話、6.5話ともに、放送後にまたしっかりレビューしていきますね!

adsense(記事内)

adsense(記事内)

-ドラマ
-

Copyright© Huluパーフェクトガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.