今見るべきはこれ!Huluおすすめ作品ラインナップ

Huluパーフェクトガイド

【アンナチュラル】キャスト・最新情報まとめ!石原さとみ・窪田正孝×「逃げ恥」脚本家

更新日:

2018年1月スタートの金曜ドラマ「アンナチュラル」が注目を集めています!TBS連ドラ初主演の石原さとみに窪田正孝ら豪華共演陣を交えて、1話完結型でお送りする法医学ミステリーです。ドラマオリジナル脚本には、「逃げ恥」で高視聴率ドラマを作り上げた野木亜紀子が起用されており、まさにTBSの意地をかけた高視聴率狙い撃ちドラマといえるでしょう。

さらに、公式twitterではすでにがんがん撮影風景が流されていたり、情報発信にも積極的なドラマです。最新情報や垣間見える豪華キャスト陣の姿に作品への期待も高まるので、ぜひぜひチェックしてみてくださいね。

この記事では、ドラマ「アンナチュラル」の注目ポイントや基本情報、あらすじやキャストをまとめます。1話完結型のために、各話で出演者が増えていく可能性が高いので、情報は随時更新していきますね!

ドラマ『アンナチュラル』基本情報

  • 放送情報
    TBS系 毎週金曜・夜22時〜 初回放送日は未定
  • 原作
    なし。ドラマオリジナル
  • 脚本家
    野木亜紀子(「逃げるは恥だが役に立つ」「重版出来!」「空飛ぶ広報室」など)
  • プロデューサー
    新井順子(「Nのために」「リバース」「夜行観覧車」など)

「アンナチュラル」の注目ポイントを紹介します!

まずは、ヒット作の多い石原さとみを主演に起用していることです。TBS連ドラでは意外にも初めて主演を務める石原さんですが、「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」「リッチマン、プアウーマン」など主演ドラマも多数ヒットしているヒットメーカーです。「女性のなりたい顔ランキング」でも1位を取るなど、男女問わず人気のある石原さとみさんの起用が、視聴率にどう影響してくるのか注目ですね。

さらに「逃げ恥」の脚本家が脚本担当したオリジナルストーリーという点にも注目です。「逃げ恥」といえば最近のドラマでは社会現象を起こすほどヒットした有名作ですよね。逃げ恥の時は原作があったのですが、マンガ原作の良さを崩さずに上手くドラマとしてまとめ上げた野木亜紀子の腕は確かです。果たして完全オリジナル脚本でも、同じようにヒットメイクできるのか注目です!

また、特徴として1話完結型のためにゲスト出演も多そうですね。すでに発表されているレギュラー陣もかなり豪華ですが、毎話出てきそうなゲストにも注目したいですね。今後徐々に判明していくのではないでしょうか。

「アンナチュラル」の監督と演出家は、ともに2017年春に放送された「リバース」を担当していたコンビです。「リバース」は、ザ・テレビジョン・ドラマアカデミーの最優秀賞をとるなど評価も高かっただけに、今作でも期待できそうですね!演出などが似てくる可能性もありますので、雰囲気を確かめるには「リバース」の見直しもオススメです。

『アンナチュラル』あらすじ

ドラマオリジナル脚本になる「アンナチュラル」。現在わかっているあらすじを紹介します!

石原さとみさんが演じるのは、死因究明のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」に所属する法医解剖医の三澄ミコト。ミコトは不自然な死を放置することが許せず、その死の真相を探ります。偽装殺人・医療ミス・未知の症例など、不可解な死を遂げた死体が運び込まれるラボで、個性豊かなメンバーたちとその死の真相解明に注力します。

人の死を扱うということもあり、働く人々の心の葛藤や人間ドラマも満載。毎回さまざまな死を扱いながらも、スピード感や爽快感を持ちながら、死の裏側にある謎や事件をスリリングに解明していきます。「死と向き合うことで現実の世界を変えていく」、現実の危機を解明することで未来の危機を回避し、より良い世界に変えていく。そういった意志を持って戦う、UDIラボのメンバーたちのリアルな姿を描きます。

ちなみに、脚本の野木さん曰く「アンナチュラル」は医療モノというよりは事件モノに近いそうです。

『アンナチュラル』原作・脚本

「アンナチュラル」には原作がありません。完全ドラマオリジナル作品で、気になる脚本家はあの大ヒットドラマ「逃げ恥」を担当した野木亜紀子さんです。

公式ページのインタビューによると、野木さんは2012年から内閣府主導で行われた「死因究明等推進会議」をきっかけに本脚本の原案を作成。この会議では、先進国の中で最低の解剖率で不可解な死を不可解なままで終えてしまっている日本の現状を変えようとしたものでしたが、大きな成果はありませんでした。それを見た野木さんは、「もしこのとき、死因究明に特化した公的な研究所が作られていたら」と考えて本ドラマを考えたそうです。

手がけたヒット作「逃げ恥」「重版出来!」「空飛ぶ広報室」では原作のマンガ・小説がある中で、原作の良さを失わずにうまくドラマにまとめ上げる手腕を評価されてきました。

野木さんはキャスティングが確定してから脚本を書くんですね!キャスト陣の良さを生かす脚本になりそうで、期待も高まります。今回は完全オリジナルドラマ。果たして野木さんの力は発揮されてるのか?大注目ですね!

『アンナチュラル』キャスト最新情報

登場人物とキャストを紹介します!ヒットメイカーで男女問わず人気のある石原さとみさんはもちろん、SNS上では窪田正孝さんが起用されていることにも注目が集まっています。また、レギュラーメンバー以外にも、今後毎話のゲスト出演があると思われるので、そのあたりにどういった話題を生み出せるかも注目です。

三澄ミコト(石原さとみ)

三澄ミコト…三澄班の筆頭医。解剖実績を1500件ほど持つ名法医学者です。UDIラボに来たのは4ヶ月前。合理的な性格を持ち、何か問題が起きても頭脳と笑顔で乗り越え、みんながハッピーであることを第一に考えています。「とある事情」から人の生の権利が脅かされることに猛烈に反対しており、この世に美しい死などなく、死んでしまえば終わりだと考えています。

この「とある事情」がなんなのかは一切明かされていませんが、きっとミコトの人生を左右する重要人物の死ではないでしょうか。母親あたりが絡んできているのではないかなと思います。

石原さとみ…数々のドラマや映画に出演し、受賞歴も多く注目を集める女優。「地味にスゴイ!校閲ガール」「ディア・シスター」「恋」「リッチマン、プアウーマン」など主演も多く、視聴率が高い作品も多いです。また女性のなりたい顔ランキング1位を取るなど、男女問わず人気があります。メイクをセルフでやっているというおしゃれ好きとしても有名です。

中堂系(井浦新)

中堂系…中堂班の筆頭医。解剖実績は3000件ほどあるミコト以上にベテランの法医学者。元々は日彰医科大学の法医学教室にいたが、あるトラブルで放逐されたという噂があります。UDIラボに来て1年だが、態度も口も悪くチームを組む臨床検査技師がすぐに辞めてしまい、記録員もいないままの班にいます。倫理観がぶっ壊れていて、目的のためには手段を選ばないためにミコトとしばし衝突しています。葬儀屋とのネットワークがあり、裏で何かを探している様子。

井浦新…スカウトで芸能界入りし、最初はファッションモデルとして活躍。俳優業では「ワンダフルライフ」のオーディションで映画初主演して以来、活動の幅を広げています。ドラマでは「リッチマン、プアウーマン」で石原さとみとは共演しています。その他「HiGH&LOWシリーズ」「探偵の探偵」などにも出演。

久部六郎(窪田正孝)

九部六郎…三澄班の記録員で医大生。バイトとして雇われた新人で、解剖時の写真撮影や解剖記録の整理業務を担います。医師一家の三男で、三浪し三流大学に入り、あまり情熱がない人物。UDIラボでは遺体の検案や現地調査にもついてまわり、法医学という未知の世界を徐々に知っていく中で、心が動いていくようです。ネットやガジェットに強く、バイクに乗っているようです。時に刑事さながらの推理力と行動力を見せるが、精度はあまりよくありません。

窪田正孝…もともと整備士を目指して工業高校に通っていたが、母親の勧めで芸能界入り。「チェケラッチョ!!in TOKYO」で初主演し、大河ドラマ「平清盛」や連続テレビ小説「花子とアン」に出演したことで知名度が上がりました。その後も「Nのために」「デスノート」「僕たちがやりました」などに出演し、最近話題の俳優さんです。

東海林夕子(市川実日子)

東海林夕子…三澄班の臨床検査技師。薬学部出身。UDIラボ設立時から在籍していて、その前までは監察医務院で働いていました。仕事よりもプライベートを優先する人物で、仕事をしていると出会いがないことに不満を持っています。好き嫌いが激しく、中堂のことは嫌いでほとんど口をきかない。ミコトとは監察医務院時代から面識があるため、互いに気の合う同僚です。

市川実日子…女優・市川実和子の妹としてデビュー。「Olive」の専属モデルとして活躍していたが、女優としても活動。「シン・ゴジラ」では毎日映画コンクール女優助演賞・日本アカデミー賞助演女優賞を受賞し、その演技力の高さも評価されています。

末次康介(池田鉄洋)

末次康介…六郎の年が離れた飲み仲間。情報通で物知り、六郎の相談相手でもあります。

池田鉄洋…元々は舞台中心の活動をしていましたが「TRICK」「医龍」への出演を機に、個性的なキャラクターで一躍有名に。演出や脚本もこなす俳優で、大河ドラマにも複数出演しています。最近は「脳にスマホが埋められた!」「先に生まれただけの僕」にも出演。

三澄秋彦(小笠原海 超特急)

三澄秋彦…ミコトの弟で予備校こうし。不在がちな両親の代わりに姉と過ごすことが多かったので、かなりのお姉ちゃんっ子。ミコトに「秋ちゃん」と呼ばれることが少し照れくさい。真面目で正義感が強い性格。

小笠原海…音楽ユニット「超特急」のメンバーで、ダンサーやモデルもこなします。最近は俳優としても活動を始め映画「サイドライン」では主演も務めました。「トーキョーグール」「探偵の探偵」などにも出演しています。超特急のファンから、本作への出演も注目されていますね。

坂本誠(飯尾和樹 ずん)

坂本誠…中堂班の技師。大阪の監察医事務所で24年間の勤務経験があり、経歴としては長い。中堂の暴言にびくびくしながら働いています。

飯尾和樹…お笑いコンビ「ずん」のボケ担当。テレビドラマにも「クロサギ」「Chef〜三ツ星の給食〜」などにゲスト出演した経験があります。

神倉保夫(松重豊)

神倉保夫…UDIラボの所長。小さなラボのため雑用もこなす。元厚生労働省医政局職員で、東日本大震災の身元不明遺体調査を機にUDIラボへの転属を決意したという噂も。単なる天下りという噂も。公益財団法人であるUDIラボの財政は、警察庁と厚労省の補助金頼りなので、つぶれないように危機感を持っている。

松重豊…「孤独のグルメ」の主演として人気を博した俳優。もともとは舞台を中心に活躍していましたが、テレビドラマの名脇役としても多く出演しています。「離婚弁護士」「ちりとてちん」「重版出来!」などに出演しています。

まとめ

「アンナチュラル」は2018年1月からTBSの金曜22時枠で放送予定です。今も日々公式twitterで公開される撮影風景に、今から放送が楽しみですね。

1話完結型ということで、毎話ゲスト出演もあるのではと予想されますね。キャストについては、今後随時更新がありそうなので、注目していきたいところです。

ミコトの人生を左右した「とある出来事」も気になりますね。個人的には、今のところ弟しか出てこない家族に何かしら起因しているのではないかなとよんでいます。また、所長がUDIラボ入りした理由に出てくる「東日本大震災」という一つの大きなきっかけにも注目したいです。もしかしたらミコトや中堂は経歴も長いみたいなので、どちらもこの震災に絡んでいそうですね。東日本大震災を扱うとしたら、結構重たい内容も出てくるのかもしれません。

テレビでの放送が見られない人は見逃し放送で見るのもオススメです。おそらく「TBSオンデマンド」「TVer」「Hulu」「dTV」「U-NEXT」あたりで配信があるんじゃないかなと予想しています。また配信が始まったら、このサイトでもご紹介していきますね。

adsense(記事内)

adsense(記事内)

-ドラマ

Copyright© Huluパーフェクトガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.