今見るべきはこれ!Huluおすすめ作品ラインナップ

Huluパーフェクトガイド

【雨が降ると君は優しい】7話ネタバレ!彩が出産!生まれてきた子どもは誰の子?

投稿日:

いよいよ“あめふる”の配信も残すところあと2回! 

ということで、気になっているあの人の“秘密”がそろそろ見えてきそうな予感です。

信夫(玉山鉄二)の怒りが爆発し、彩(佐々木希)に手をあげてしまう…。それがきっかけで、DV 夫扱いまでされてしまい、彩は実家に帰ったまま。このまま2人は別れてしまうのか…と思わせておいての、“赤いムカデ”の正体が発覚原因は、彩の母親・凪子(岡田奈々)だったんですね〜。「暴力夫! 」と信夫に罵声を浴びせる様子に、「なんだかこの人ちょっと怖い」と感じていた方も多いのではないでしょうか。子どもの頃に母親に教鞭で叩かれていた彩。その跡が腫れあがりミミズ腫れになっていたのが“赤いムカデ”の正体だったとは…。

にしても、母親が厳しくしていたのは、彩の義父・芳丈(升毅)の浮気が原因だったとは。しかし、信夫の本当の姿に気づいてくれたのも、義父だったというのが救いだったのかもしれません。

ほんと〜にいろいろあった第6話でしたが、最後の最後は、穏やか極まりないシーンで幕を閉じました。

「雨が降ると君は優しい」

と信夫が彩に告げるシーンは、ん? このままハッピーエンドなの?! と思わせるほど。しかし! 野島伸司脚本の作品がこのまま終わるはずがないと思った方も多いはず。予告では、彩の出産シーン(もう?! )からスタートの第7話。幸せな日々が訪れた立木夫婦に待っているのはどんな急展開なのでしょうか?!

第7話までのネタバレ

@Hulu

彩は無事に女児を出産します。幸せそうな笑顔を見せる彩と信夫。「もしかしたら自分の子ではないかもしれない…」という疑念がどうしても出てきてしまう信夫ですが、彩と娘を笑顔で受け入れていくのです。

彩は育児に没頭する日々で、立木夫婦は平穏な生活を取り戻した様子。しかし、ある日、信夫の同僚・望月(吉田ウーロン太)が、出会い系サイトでかつて彩が使っていたハンドルネーム・りんごを発見したと信夫に告げます。そんなはずはないと平静を装う信夫ですが、胸の奥は激しくざわめいていたのです。

一方、大物作家・小野田(古谷一行)と新人担当編集平川(奈緒)の関係にも異変が起きています。2人の関係は、心が近づいたような雰囲気を見せていたはずですが、なんだか雲行きが怪しいのです。出社することもなく小野田邸に泊まり込んでいた平川は、専務となった倉田(陣内孝則)に退職願を提出します。これを見た倉田は、血相を変えて小野田邸へ乗り込みます。しかし、ここで事態が急転することに…。

『雨が降ると君は優しい』第7話はこんな展開!(ネタバレあり)

妊娠から出産が速かったですね〜。出産は苦しそうでしたが、とても幸せそうなシーンから第7話はスタートします。幸せそうなごくごく普通の新婚夫婦。そんな風にしか見えない信夫と彩。生まれてきた子どもを“自分の子ども”として受け入れる覚悟をした信夫には、迷いはなさそうに見えます。(とりあえず、ここまでのところですが…。)いろいろあったけど、“赤いムカデ”の正体も分かったことだし、子どもも生まれたことだし、これから幸せな日々を送って幸せに暮らしましたとさ、めでたし、めでたし。となってしまうハズはありません。

幸せな日々は、ほんの束の間。彩のセックス依存症の原因だっだ“赤いムカデ”は子どもの出産とともに彩の体の中から出て行ったとばかり思っていたのですが…。彩の中に“赤いムカデ”が再び現れるシーンがあったり、笑顔の中に疑いがちらつく、信夫の姿もありました。この子は本当に自分の子どもなのか…。

@Hulu

さて。今回は重大な秘密が明かされます。信夫と彩の子どもの名前です。

「奈美(なみ)」

そうです。“あめふる”に登場していた黒いドレスを纏った人気女性作家・雫石奈美(笛木優子)。彼女が信夫と彩の娘だったのです。彩が「なみちゃん」と口にした瞬間に「ぴ〜ん」と来た方も多いのではないでしょうか? 奈美は人気作家となっているのですが、まさか信夫と彩のストーリーを小説にしていたとは…。だから、2人の関係、心情などを詳しく知っていたのですね。まるで近くで見ていたかのように。冒頭早々、長い間気になっていたとても大きな秘密が明かされ、かなりスッキリ! としたところで、また物語に暗い影が落とされます。

奈美が生まれたことで、“赤いムカデ”は彩のカラダから消えたはずだったのですが、出産直後から戻ってきていたようです。その症状に悩まされながらも、前のように行動に移さなかったのは、彩の心が強くなったから。守るべきものができたから。信夫の愛に寄り添うと決めたから。心ではそう思っていたのです。

しかし! 衝動を抑えられたのは、子どもが小さいうちは片時も目が話せないから、物理的に無理だったと告白するのです。

「奈美が(自分のそばから)離れなかったから」

これはかなり悲しい告白ですよね。衝動を抑えきれない彩は、カウンセラーの志保(木村多江)に相談に行きます。そして、口にした言葉は、

「死んじゃえばいいのかな? 」

そうしたらいい母親のままでいられるのかなと涙ながらに告白します。そんな彩の姿を見た志保は、「理解していたつもりだったけど、こんなに辛い想いをしていたのね」と頭では分かっていたけれど、本当の理解ができていなかった自分の無力に、そして何より悩める彩の姿に涙を流し、抱きしめます。

信夫とは、心の友のようになれた志保ですが、カウンセラーとして、彩の力になれなかったことは、ショックだったに違いありません。聞くことしかできない…という志保の言葉にも、グッと来ましたよね。

そして…。事態はますます悪化してしまいます。カウンセリングに訪れていないと志保から聞いていた信夫は、心のどこかで安心していました。しかし、自宅のクローゼットに赤いワンピースがズラリと並んでいるのを発見してしまいます。ビックリしたのですが、かなりの枚数でしたよね。彩に“赤いムカデ”の症状が戻っていることを知ってしまうのです。信夫の心は、また苦しさで押しつぶされそうになります。信夫の彩への疑いはピークに。家族で出かけた遊園地から、1人で帰る彩の行動を不自然だと感じ、尾行してしまうのです。

一度は志保によって心を落ち着けた信夫ですが、ホテルから出てきた赤いワンピース姿の彩を目撃してしまいます。そこには奈美の姿も。奈美を抱きかかえ、立ち去る信夫。信じていた彩に裏切られたことで、今にも崩れ落ちそうになるのを必死でこらえ、奈美を抱えてその場を立ち去ります。

@Hulu

そして、ついに信夫から彩に切り出すのです。

「離婚しよう」

と。信夫を苦しめたいわけではないし、信夫を愛していないわけでもない。これは、彩が最初から口にしていたことですよね。そして、今、2人の間には奈美というかけがえのない宝物もあるのです。しかし、衝動を抑えることはできません。

このまま別れてしまうのか。それとも…。彩の「死んじゃえばいいのかな」のセリフがひっかかりますよね。そういうラストだけは止めて欲しい。このドラマは、夫婦が枷をどう取り除き、困難を乗り越えていくのか、そういうお話だったはず。ラストでは、2人の本当の笑顔が見たいと思わずにはいられません。

さて。

平川の退職願を見た倉田が小野田邸にやってきます。平川の様子がちょっとおかしいという感じがプンプンしていますよね。まるで洗脳でもされているかのような雰囲気です。連れ戻そうとする父親に、「帰らない」と告げる平川。そして、小野田のことを神のように崇め、父親を下劣なもののように蔑みます。心だけでなく小野田に奪われてしまったのではないのかと疑い、憤りを感じる倉田に、小野田先生がある告白をします。自分は性的能力を失っていると。さらに、男と女の肉体関係は“愚かなこと”と言うのです。

しっかり者の平川が、いとも簡単に洗脳されるようなことがあるのか…と疑いたくなります。まだまだなんだか裏がありそう、そう思っていたところに、問題発生! 平川を連れて帰ろうとする倉田を止めようと、家政婦を突き飛ばし、ケガをさせてしまうのです。警察を呼べ! という小野田の指示で平川は受話器を手にします。父親である倉田を守るよりも、小野田の指示に従い、平川は警察を呼んでしまうのです…。

というのが今回の第7話です。

少しずつ明かされていくそれぞれの秘密

■雫石奈美の秘密
今回は、なんといってもこの秘密が明かされたことが衝撃でしたね!
・雫石“奈美”は、彩が産んだ子ども

■彩の秘密
“赤いムカデ”はまだ彩のカラダの中にいた
・衝動を抑えきれず、両親の家に奈美を預けて男性とカラダの関係を持っていた

■小野田の秘密
・担当編集を食い散らかすという評判だった小野田には性的能力がない

■平川の秘密
・小野田に心もカラダも洗脳されている?!

雫石奈美の正体は、本名・立木奈美。信夫と彩の娘でしたね〜。かなりスッキリした方も多いのではないでしょうか。しかし、幸せムードでスタートした第7話も、終わってみれば、信夫と彩は別れてしまいそうな雰囲気だし、倉田は警察に行くことになりそうだし、平川はなんだか洗脳されていそうな雰囲気(おそらく裏はあり! 平川ですからね。)、まだまだ問題は山積みです。最終回にビックリする様な告白…を期待せずにはいられません。野島伸司脚本ですからね! 

第7話感想まとめ&次回予告から最終回を予想!

@Hulu

さて、なんといっても今回は、人気作家でストーリーテラーの雫石奈美が、彩が産んだ子どもだった! という大きな秘密がやっと明かされました。そして、洗脳されたように見える平川が、父親のもとへは帰らずに小野田の側から離れない理由は何なのか…。

次回はいよいよ最終回です。“悲劇的純愛”がこのドラマのキーワード。文字通り、2人の純愛は、悲劇的な結末を迎えてしまうのか、それとも、すべてを乗り越え、本当の幸せにたどり着くことができるのか。観る前からドキドキがしてしまいますね。

今回、信夫も同僚の望月もそして、倉田も昇進していて、奈美もドンドン大きくなっていて…。ときの流れを感じるとともに、この長い間、実は、彩のカラダの中には赤いムカデがずっといたんだ! と考えると、その苦しさはどんなものだったのかと、悲しくなってしまいます。そう簡単に治るはずがないとは思っていましたが、幸せそうに見えていたのに実は…という最悪の形で発覚してしまったのが、悲しいですよね。

彩がホテルから出てくるところに遭遇した信夫。そのときのことを奈美は覚えていません。しかし、“人の心が砕け散るときの音”は感じたという奈美。信夫の心は、何度砕かれればいいのでしょうか…。そして、まだまだ気になる、信夫のトラウマについても、最終回明かされることでしょう。どんな秘密が隠されているのか、怖い気もしますが、早く知りたいですよね!

■気になる第8話はこちらから

ネタバレ 8話!信夫の決断!“悲劇的純愛”の結末はハッピーエンド?!

ドラマ『雨が降ると君は優しい』は、Huluでしか見ることができない“Huluオリジナルドラマ”です。地上派では映像化不可能なテーマを扱った新たな問題作“野島作品”が見られるのはHuluだけ! Huluでは2週間無料のお試し期間を実施中です。『雨が降ると君は優しい』が気になる方は、まずは無料お試し期間からトライしてみては? 第1話から最新話までが視聴できるので、初回登録後2週間で見逃した話数もタダでチェックできちゃいます。まずは、お気軽にお試しからスタート! Huluの登録 はこちらから。

adsense(記事内)

adsense(記事内)

-ドラマ
-

Copyright© Huluパーフェクトガイド , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.